シミュレーション研修

シミュレーション研修とは

医療者教育における「シミュレーション研修」とは、臨床現場・臨床場面を模擬的に再現した環境で、課題を体験し、シミュレーション研修の核である振り返り(デブリーフィング)を行うことで、知識や技能を向上させる学習方法です。

次のように分類されます。 

  1. 疑似体験(高齢者体験、視覚障害者体験など)
  2. 模擬医療面接(ロールプレイによる医療面接など)
  3. 簡易なシミュレータによるトレーニング(採血、縫合手技、聴診、中心静脈穿刺など)
  4. 高度なシミュレータによるトレーニング(総合的な問題解決能力が必要なコンピュータ制御の高機能シミュレータなど)
  5. チーム医療のトレーニング(上記の組み合わせにより、患者急変、事故などの模擬的状況)

シミュレーション研修会の開催

優れた指導者の育成、県内医療水準向上への貢献を目的に地域医療機関・教育機関等を対象に研修会を開催しています。

シミュレーション研修開催日一覧

シミュレーション研修プログラム

医師育成支援を目的に医学生・初期研修医を対象に医師・看護師によるシミュレーション研修を実施しています。
県立病院機構に在籍する2年目初期研修医をハワイ大学医学部SimTikiシミュレーションセンターへ派遣しています。

地域医療機関、福祉施設等への講師派遣

県内医療水準向上への貢献を目的に地域医療機関・学校・福祉施設等へ医師、看護師を派遣し、シミュレーション研修を実施しています。