センター長挨拶

センター長写真

 長野県立病院機構本部研修センターは、『県民が求める「安心で質の高い医療」を提供できる医療人の育成に努めます』を理念に、様々な職種の人材育成に取り組んでいます。  
 主な事業は、以下の通りです。

①機構職員の知識や技術の向上に向けた課程別研修、選択研修、専門研修の企画運営 
②優れた指導者育成のためのシミュレーション教育指導者研修の開催と初期研修医のハワイ大学シミュレーションラボ『Sim Tiki』への参加
③医師確保・育成支援のための医学生向け病院説明会の開催や研修医・医学生等のシミュレーション教育の実施 
④県内医療水準向上への貢献のために病院・福祉施設・学校等への講師派遣やシミュレータの貸出

 当機構は、シミュレーション研修について重点的・継続的に取り組んでいます。シミュレーション研修を受講した職員が、現場にあったシナリオを作成し、各病院でシミュレーション研修を開催しています。
 
  また、当センター内には『信州医師確保総合支援センター長野県立病院機構分室』が置かれています。地域を担う医師のキャリア形成を支援しながら確保・定着を図ることに貢献できれば幸いです。
 
  当機構の職員の育成はもちろん、長野県全体の医療水準の向上をめざして、今後も取り組んで参ります。皆様のご協力をお願いいたします。
 
 

長野県立病院機構本部研修センター長
上沢 修

副センター長

当センターは、Hawaii大学Sim Tikiに習い、Simulatorを活用したシナリオ学習が充実しています。臨床現場に近接しているためOn / Off the Jobを行き来しやすく、研修医教育や学生実習のみならず、医療安全、救急講習にも積極的に取り組んでいます。

呼吸器外科専門医・気管支鏡指導医・呼吸器外科・総合診療科
坂口 幸治

副センター長

県立病院機構に働く職員は多職種です。基本理念に則り目標達成のため、研修センターは職員の相互理解を深めスキルアップに繋がる研修を企画運営していきます。

村山 隆一

副センター長

 スタッフ一人ひとりが「優れた医療人育成のため全職員の知識・技術レベルの向上、 医療水準の向上」という目指すべき姿に近づくよう、研修のお手伝いをしてまいります。

佐藤 香代子

組織図

スタッフ

 看護師      事務     臨床検査技師(兼)
2名2名          1名