救急医療

  1. ホーム
  2. 情報公開
  3. 臨床評価指標
  4. 救急医療

1年間に受け入れた救急車及びドクターヘリの台数です。ドクターカーとは、様々な医療機器を搭載し、医師・看護師等が同乗し搬送途上へ出動する救急車です。新生児に関しては、こども病院のドクターカーがほぼ一手に搬送を担っています。

信州医療センター

地域の中核病院として、地域の医療需要に応じた初期および二次医療などの診療機能の充実を図るとともに、地域の救急病院として24時間365日体制で救急患者の受け入れを行っています。

こころの医療センター駒ヶ根

診療時間外及び休日に、緊急で受診した患者さんが、どのように来院されたかを示しています。

県内全域から24時間365日、救急患者を受け入れる体制を確保しています。
グラフの内訳は、時間外及び休日に、緊急で受診した患者さんが、どのように来院されたかを示しています。

阿南病院

屋上ヘリポートを兼ね備え、ドクターヘリによる救急患者の搬送、転送を行っています。

木曽病院

循環器内科常勤医師が不在となったことにより、他医療圏への流出が影響していますが、24時間365日オンコール体制を維持し、木曽地域の救急患者を受け入れています。

こども病院

平成25年度よりコンパクトドクターカーを導入し、主に他医療機関への送り搬送に出動しています。
ドクターカーとコンパクトドクターカーの2台により、緊急搬送に迅速な対応ができる体制が整いました。

スタッフ募集


県立病院