須坂、小布施、高山の地域医療を支える長野県立信州医療センター。助産師を募集しています。

視能訓練室

業務の概要

 視能訓練士(orthoptist:ORT)は、昭和46年に制定された「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格をもった医療技術者です。

 私たちは、眼科で医師の指示のもとに視機能検査や斜視や弱視の訓練等、眼科に携わるほとんどの検査を行っています。視機能検査とは、視力、視野、屈折、色覚、眼圧、眼位、眼球運動などの検査の他に超音波、電気生理学、写真の撮影検査などがあります。

 適切な診断治療のため、混雑する外来にて正確な検査結果を提供できるよう努力しております。


【光干渉断層計】

網膜の断層撮影を行います。

加齢黄斑変性や糖尿病網膜症など、網膜疾患の評価、経過をみます。

 

【光干渉式眼軸長測定】

白内障手術にて眼内レンズ度数の術前計算に必要なデータを測定します。

非接触にて行えるため患者さんの負担を軽減することができます。

【中心フリッカー試験】

視神経炎など視神経疾患が検査対象です。結核等の治療薬で上記の副作用を引き起こすことがあり、視力・色覚と共に有用です。

【動的量的視野検査】

緑内障や頭蓋内疾患、眼窩内疾患などの視路疾患において視野異常の診断や経過観察に重要な検査です。

【深視力検査】

当院は航空身体検査指定機関であり、パイロットなど航空搭乗業務に就きたい方やパイロット免許を更新する方を対象として行う検査の一つとして行っています。

【斜視・弱視 検査】

斜視や弱視に対し検査、訓練を行っています。落ち着いて検査ができるよう初診以降は予約で行っています。

 

スタッフ紹介(責任者)

 

ページトップへ▲

  • 緊急外来診療のご案内
  • 訪問看護のご案内
  • 人間ドック予約状況表
  • 出前講座のご案内
  • 病院だより
  • 入札情報
  • チーム医療(NSTなど)
  • 抗菌薬感受性(医療関係者用)
  • 治験について

看護師・助産師募集