本文へスキップ

長野県立須坂病院 医療安全管理室


長野県立須坂病院 医療安全管理室
チーム医療のもと、医療の質の向上と安心で安心な医療に努めます

ようこそ、長野県立須坂病院医療安全管理室のホームページへ。

医療安全管理室
 当院の医療安全管理室では、「医療の質の向上を図り安全な医療を行います」という病院基本方針に基づき、院内の医療安全管理をおこなっております。  高齢化社会の今日、医療の高度化・複雑化・効率化等さまざまな医療環境が変化する中でも、地域の皆様が安心して医療を受けられるように、安全と信頼の医療の提供ができることを目標に活動をしています。

医療安全管理室の構成メンバー
医療安全管理室長(副院長)、医療安全管理者
医療安全管理委員の中から室長の任命にて選出
(室長、医療安全管理者を合わせ各部門より選出)

医療安全管理室の活動
【インシデント・アクシデントの収集・分析・対策】
 院内で発生したインシデント・アクシデント事例は、すべて医療安全管理室に報告することになっています。報告のあった事例は、院内での事例の共有を図るため、毎1回全部署参加のミーティングで報告しています。医療安全管理室では、このミーティングとは別に毎週会議をもち、対策等を検討し再発防止に努めています。
※インシデントとアクシデント
インシデント:日常の診療の現場で、”ヒヤリ”としたり”ハッ”とした事例
アクシデント:診療の結果、診療の過失の有無に関わらず、事前の予測に反して生じた事象

【医療安全管理マニュアルの見直しとラウンドの実施】
 マニュアルは定期的に見直しをし、職員に周知するよう努めています。マニュアルで定めたルールが遵守されているか、医療安全管理委員会のメンバーと院内ラウンドを定期的に実施し確認をしています。

【医療安全研修と安全風土の職場づくり】
 職員の医療安全に対する知識と意識向上のため、定期的な研修会を開催しています。研修会で学んだ事を各部署で活用できるようにし、スタッフの安全意識向上に努めています。

患者さんと医療者のパートナーシップ
❀ご本人かどうか確認させていただくため、姓名(フルネーム)と、生年月日を名乗っていただきます。
❀入院や手術・特殊検査等の際は、リストバンド(手首のネームバンド)をつけさせて
いただき、指差し・声出し確認もさせていだだきます。
❀お薬の飲み忘れや重複投与を防ぐため、入院時は現在お飲みのすべての薬と、お薬手帳をお持ち下さい。また外来受診時もお薬手帳の持参をおすすめしています。
❀入院中に使用される履物は、転倒・転落を防ぐため、スリッパやサンダルより、かかとのある靴が安全です。

ナビゲーション

長野県立須坂病院
suzaka-hospital
長野県立須坂病院健康管理センター

〒382-0091
長野県須坂市大字須坂1332(代表)
TEL 026-245-1650
FAX 026-248-3240