木曽病院は、昭和38年に開設されて以来、みなさまに支えられています。
ご予約に関するお問合せは平日8:30~17:00までの受付です。

地方独立行政法人長野県立病院機構 長野県立木曽病院

お問合せ 0264-22-2703

神経内科

□ 神経内科について

診療は脳梗塞・脳出血などの脳血管障害の急性期治療とリハビリテーション、アルツハイマー病・パーキンソン病・脊髄小脳変性症・筋ジストロフィー症などの変性疾患、多発性硬化症・ギラン・バレー症候群・多発性筋炎・重症筋無力症・サルコイドーシス・ベーチェットなどの自己免疫疾患、頭痛・てんかんなどの機能性疾患から手足のしびれ、歩行障害の診断治療など脳神経及び筋肉の疾患の診療に加え、脳神経疾患を合併しやすい間接リウマチ、全身性エリテマトーデスなどの膠原病や糖尿病などを幅広く行っています。
脳血管障害については脳神経外科とチームを組んで24時間体制でこの地域の急性期脳血管障害の治療にあたっています。脳神経疾患の診断に必要なMRIは県内有数の最新式のもので、CTも、平成26年度に320列のものを導入しました。
併設の老人保健施設、療養型病棟を持ち、急性期から回復期まで一貫したリハビリテーションをおこなっています。さらに脳血管障害後遺症、神経難病(筋萎縮性側策硬化症、多発性硬化症、パーキンソン病など)で通院困難な方で在宅療養を希望される方を対象に木曽郡内全域をカバーする訪問治療を行っており、 在宅人工呼吸器療法も積極的に行っています。
また透析部と協力して、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症、重症筋無力症などの免疫性神経疾患に対する免疫吸着療法も迅速に対応しています。また、近年話題の眼瞼痙攣・半側顔面痙攣・痙性斜頚に対するボトックス治療も積極的に行っています。
当院は神経学会認定教育関連施設の指定も受けています。近年、人口の高齢化に伴い、神経内科的疾患は増加しています。患者さんの社会復帰を第一目標に掲げ、地域の病院、診療所、訪問看護ステーションなどと連携を保ちながら診療していきたいと考えています。

院長 井上 敦


□医師紹介

    

井上先生写真

院長
井上 敦
専門

神経内科

所属 日本内科学会
日本神経学会
日本アフェレーシス学会
日本免疫学会
日本神経病理学会
日本リウマチ学会
日本神経免疫学会
日本脳卒中学会
日本脳ドック学会
日本感染症学会
資格 日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本アフェレーシス学会専門医
ICD
出身 信州大学

   

新田先生写真

新田 和仁
専門

神経内科

所属 日本内科学会
日本神経学会
頭痛学会
脳ドック学会
資格日本内科学会認定内科医
出身 信州大学