木曽病院は、昭和38年に開設されて以来、みなさまに支えられています。
ご予約に関するお問合せは平日8:30~17:00までの受付です。

地方独立行政法人長野県立病院機構 長野県立木曽病院

お問合せ 0264-22-2703

 

薬剤科

当薬剤科は、患者さんへ安全で 適正な薬物療法を提供するため、 院内関係部署と連携を図りながら、 様々な業務を行っています。

薬局長 川野 政美

■業務内容~ようこそ薬剤科へ~
調剤業務 
電子カルテシステムから出力された処方せんに基づいて、患者さんがお薬を飲みやすいよう 、個人ごとの状態に合わせて薬を調剤します。 外来患者さんや退院指導した患者さんに、薬の作用や注意事項等を文書で提供しています。
また外来診療では、原則として院外処方せんを発行し、町村の保険薬局でのお受け取りをお願いしています。
 
注射薬の払い出し
電子カルテシステムから出力された処方せんに基づいて、入院患者さんに使う注射薬は、患者さんごとに注射薬のセット(取り揃え)を行い、与薬カートを用いて病棟へ払い出しを行っています。
 なお、注射薬のセットは、一部ピッキングマシーン(自動注射薬払い出しシステム)により自動で行っています。
 
TPN(中心静脈栄養輸液)、化学療法剤の調製
食事を十分に摂取できない入院患者さんへ静脈から栄養補給する点滴(輸液)や、入院中や外来の患者さんへの化学療法剤を無菌室内で調製しています。
 
薬剤管理指導業務(服薬指導
入院患者さんの薬の服用歴や持参薬、アレルギー歴などを確認したうえで、患者さんのベッドサイドに出向き、使用するお薬について、飲み方、使い方、効能効果、副作用などを説明するとともに、薬についての相談に応じています。また、副作用などのモニタリングも行い、医師への処方提案も行っています。
 
 その他
医薬品に関する最新の情報を医療関係者へ周知するなどの医薬品情報管理業務、最適な治療効果を提案するための薬物血中濃度解析、病棟における医薬品の適正管理の推進、緩和ケアや院内感染対策、NST(栄養サポートチーム)などのチーム医療への参加など幅広く業務を行っています。また、地域特性としての巡回診療への参加、近年取り組み始めた在宅患者薬剤管理指導業務、そのほか糖尿病教室の講師など、薬に関わる様々な業務に薬剤師が頑張っています。
 
 ■お願い
より安全で適正な薬物療法を進めるため、薬に関する正しい状況は欠かせません。薬についての悩みや、疑問がありましたら、遠慮なくご相談ください。