木曽病院は、昭和38年に開設されて以来、みなさまに支えられています。
ご予約に関するお問合せは平日8:30~17:00までの受付です。

地方独立行政法人長野県立病院機構 長野県立木曽病院

お問合せ 0264-22-2703

 

栄養科

おいしく満足いただける食事の提供と治療効果のあがる栄養管理に努めています。
ご相談がある時は、お気軽にお声をおかけください。

栄養科長 小林 知子

29年度イベント食 6月ワゴンサービス
7月七夕バイキング
9月ワゴンサービス

栄養科の概要
栄養科は、管理栄養士3名と給食業務を担当する委託先((株)レパスト)の栄養士・調理師等21名で業務を行っています。管理栄養士は、入院される方、一人ひとりの栄養状態を確認し、栄養管理計画を作成しています。食事量や検査データを踏まえ、改善状況を確認しています。
 栄養状態によっては、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、言語聴覚士、臨床検査技師等で構成するNST(栄養サポートチーム)が関わり、できるだけ早期に状態の改善が図れるよう栄養管理に取組んでいます。
 さらに、少しでも早い回復を願い、可能な限り一人ひとりのご希望に添えることができるように、個人対応の充実を図っています。
栄養相談をご利用ください
「私の病気、食事はどうしたらよいの?」、「食事のことがわからないんだけど・・・。」など、など。  "食"の質問に、3人の管理栄養士がお答えします。  糖尿病、腎臓病、脂質異常症、貧血など、食事と関係が深く、食事療法が有効な疾患もあり、当院では、治療の一環として、医師の指示により、栄養相談を行っています。  「あれ食べるな」とか、「これ食べてください」という単純なことは、言いません。  患者さんと一緒に、一人ひとりの状況や生活に合わせ、食事療法が効果的、継続的にできるよう相談を行うことを念頭に、相談を行っています。  栄養や食生活の相談は、入院されている方だけではなく、外来で受信されている方も受けることができます。  栄養・食生活相談を希望される方は、受信の際、医師、または、担当の看護師などに、栄養相談を受けたい旨、お伝え下さい。  ぜひ、お気軽にご利用ください。  なお、個別の相談だけでなく、糖尿病教室も開催しております、ご参加をお待ちしています。
特別食の提供について  
治療食として、腎臓、肝臓、糖尿、胃潰瘍、貧血、膵臓、脂質異常症、妊娠高血圧症候群等に対応した特別食を提供しています。  入院時に管理栄養士が食事内容の説明をさせていただいております。
行事食、お祝い膳、選択メニューについて

患者さんに満足していただける食事づくりをめざし、選択メニュー(週3日)と、バイキング給食(年4回)を実施し、「選ぶ楽しみ」を味わっていただいています。
行事食等 詳細についてはこちらから(PDF)