教育方針

教育理念

本校は、地域医療、高度・専門医療、県民の視点に立った医療を提供するという公的使命をもつ長野県立病院機構立の学校として、看護の社会的役割を担うことのできる専門職者の育成を目指す。

恵まれた自然と歴史ある環境のもとで、人間の生命や生活の質を多角的に理解し尊重できる豊かな人間性を育み、科学的思考に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養成する。さらに生涯にわたって学び続ける態度を身につけ、地域における保健・医療・福祉の発展充実に貢献する人材を育成する。

教育目的

人々の生命と暮らしのありのままを理解することのできる幅広い視野を育み、看護に必要な知識・技術・態度を身に付け、保健・医療・福祉の領域において貢献し得る看護実践者を育成する。

教育目標

看護の対象である人間を総合的に理解する豊かな人間性と幅広い視野を養う
①人間を身体的、精神的、社会的な統合体として理解できる
②生命の尊さを理解し、人間としての権利を尊重できる
③多様な学びの機会をとおして自己洞察し、対人関係を築くことができる
科学的思考に基づき、対象に応じた看護を実践する基礎的能力を養う
①人々の健康と暮らしを総合的に理解できる
②人々の多様な価値観を理解し、健康課題について考えることができる
③理論と専門的技術、経験を統合し、適切な判断に基づいた看護を実践できる
保健・医療・福祉の領域において他職種等と協働できる基礎的能力を養う
①保健・医療・福祉の制度及びチーム医療について総合的に理解できる
②チームにおける他職種等の役割を理解できる
③チームの一員として看護の果たす役割を認識できる
看護者として主体的に学び続ける基礎的能力を養う
①看護を取り巻く社会の動向に関心をもつことができる
②自らを振り返り、自己の課題を認識できる
③新たな課題について主体的継続的に学習できる

新木曽看護専門学校(仮称)の特色

木曽の豊かな自然や文化を活かしたカリキュラム

木曽地域の自然・文化に触れ、人々の暮らしと健康を考える素地を身につける。
【環境論】では、里山の暮らしと自然環境の歴史や、環境と人間の相互作用について学び、森林セラピーを体験する。
【芸術学】では、地元の森林帯散策などの体験や作品鑑賞、創作活動を通して感性を磨きつつ、私たちの生活とアートの関わり方を考える。
【栄養学】では、地元の食文化に触れながら、看護に必要な栄養学の知識を学ぶ。

少人数制の丁寧な指導体制

学生定員30名
学生一人ひとりの学習進度を支え、成長をサポートする。

県立病院を主とする充実した実習環境

主たる実習施設の木曽病院では、一次医療・二次医療・訪問診療と在宅看護まで幅広い領域を学ぶ。
こころの医療センター駒ヶ根・こども病院・須坂病院・阿南病院など専門性の高い実習施設では、高度医療やへき地医療の実践場面を体験する。
実習病院での看護実践や研修センターの質の高いシミュレーション教育を体験し、看護の基礎的知識、技術、態度を習得する。