準備室だより

基礎看護学実習Ⅱを終えて

1年生が夏の4日間実習以来、2回目の基礎看護学実習Ⅱ(10日間)の実習をしてきました。

冬期感染症の流行期や大寒波の降雪に見舞われましたが、皆元気よく休まず通いました。5日目以降は体験したことのない未知の世界で、どのように過ごしたらよいのか、仲間と励ましあいながら頑張り、高めあっていました。

  

 

レポート発表会では臨床指導者3名から「看護は楽しいとやりがいを感じてもらえたらうれしい」「患者さんからたくさん学び、いい気付きができていた」「他の仲間の援助を見て学ぶ姿勢に感心した」「これからもしっかり学んで成長してほしい」など温かい言葉をいただき、生活する人としての対象を理解し、対象にあった援助を実施するために、対象について知りたいと関心をもち、1年生なりにしっかり看護できていた姿にお互い拍手しました。

HN;七音