研修プログラム

研修プログラム -医療技術職員-

長野県立病院薬剤師研修要綱

1.目的

医療の急激な進展に伴い、それぞれ高い専門性をもつ医療従事者が協働して患者中心の医療を実践するチーム医療を推進することの重要性が強く認識されるようになり、医師、看護師等の医療スタッフの十分なコミュニケーションを前提とするチーム医療に薬剤師が積極的に参画し、薬の専門家として医療に貢献することが重要である。
また、医療の質の向上及び医療安全の確保の観点から、チーム医療において薬剤の専門家である薬剤師が主体的に薬物療法に参加することが非常に有益である。
このため、チーム医療の実施にあたり、ジェネラリストとしての幅広い知識と、各医療機関が必要とする深い専門性を持った薬剤師を育成することを目的とする。

2.研修の種類

初期研修、ジェネラリスト(生涯)研修、専門研修からなる。
初期研修は卒後あるいは入職後、病院薬剤師業務の基礎と、各病院の役割・特色を理解するために実施する。
ジェネラリスト研修は、入職後から退職まで生涯研修として行う。
専門研修は各病院の業務において、必要と思われる専門・認定制度等について、各病院が計画的に研修を実施していくものとする。

(1)初期研修

【StageⅠ-①】
入職した職員が通常業務を行いながら、病院薬剤師としての基本的知識、技能、態度を習得し実践するStage。入職後1年をかけて行う。
長野県立病院薬剤師研修プログラムstageⅠ-①部分の内容を習得することを目標とする。

【StageⅠ-②】
県立の各病院の薬剤科業務を体験することにより、長野県立病院のそれぞれの特徴・役割を体験することにより理解し、薬剤師としての関わりを模索する。
被研修者の所属する病院以外の県立4病院の業務を、それぞれ2週間かけて体験する事を原則とするが、必要に応じて期間を延長することもできる。
入職2年目の実施とするが、送り出す病院、受け入れる病院の都合等により、研修の内容は、受け入れ側の各病院が定める一般目標及び到達目標に従う。

<各病院研修での研修目標>

病院名 研修目標
須坂病院 ・病棟常駐薬剤師の役割と業務の流れについて説明できる
・感染制御に関する取り組みについて理解できる
・結核患者に対する薬物療法と薬剤師の関わりについて理解できる
・HIV患者に対する薬物療法について理解できる
・ICT、NST、緩和ケア、がん医療などチーム医療を担う薬剤師の役割と責務について理解できる
こども病院 ・小児の薬物療法を理解し、小児領域の調剤・製剤ができる
・小児に対する薬剤管理指導業務の特色が理解できる
・周産期の薬物療法について理解できる
こころの医療
センター駒ヶ根
・精神科の様々な病態と薬物療法・副作用が理解できる
・評価尺度や等価換算を用いて、服薬指導、処方支援ができる
・薬物療法以外療法(精神療法、認知行動療法等)や精神保健福祉法が理解できる
木曽病院 ・在宅薬剤管理指導業務の流れを説明できる
・在宅薬剤管理指導業務を通じ、患者・家族がどのような在宅療養生活を送っているかを知ることにより、薬剤師としての支援法を立案できる
・木曽地域のがん医療について学び、がんチーム医療に薬剤師がどのように貢献できるか説明できる
・がん患者とのコミュニケーションを体験することにより、生命に関わる職種であることを自覚し、ふさわしい態度で行動することができる
阿南病院 ・在宅療養患者への薬学的管理指導業務について、導入から管理指導計画の立案、実際の訪問までを、保険制度等を理解した上で行う事ができる
・在宅療養患者にかかわる医療・福祉などの各職種について、それぞれの役割を理解し、多職種の協力の必要性と薬剤師の役割について理解できる
・無医地区への巡回診療や在宅患者宅への訪問を体験し、山間へき地での人々の生活や医療・福祉サービスの提供体勢について自分なりの意見・感想を述べる事ができる

(2)ジェネラリスト研修

【StageⅡ-①】
ジェネラリスト研修として、下記に示すような、卒後の生涯研修への取り組みを証する認定の取得・更新を行うstage。
原則、日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修認定等の単位取得に努める。

日本薬剤師会生涯学習システム「JPALS」等の活用や、日本医療薬学会年会、日本病院薬剤師会学術大会、日本薬剤師会学術大会、日本クリニカルファーマシーシンポジウム、その他専門学会等に積極的に参加するように努める。

【StageⅡ-②】
チーム医療への参画等を通じ、安全で有効な医療提供に貢献するため、より高い水準の知識・技能を身につけるStage。(専門研修を含む)
上記を満たすためには、StageⅡ-①に示す「研修認定薬剤師」を習得していること。

(3)専門・認定薬剤師専門研修

認定資格等の取得の推進
薬剤師の水準の向上を図るために、認定薬剤師・専門薬剤師の資格取得を奨励する。

<主な専門薬剤師・認定薬剤師>

①NST専門療養士

NST専門療養士の実地修練は木曽病院、須坂病院が認定施設となっているが、地域NSTとして、病院がおかれている医療圏の認定施設で実地修練を行うことができる。 実地修練した者は、原則として認定試験を受けるものとすること。

②がん薬物療法認定薬剤師

がん薬物療法認定薬剤師を目指す者は、日本病院薬剤師会が認定する研修施設で3か月の実務実習を行う。 また、日本病院薬剤師会が認定するがん領域の講習会、および別に定める学会が主催するがん領域の講習会などを40時間以上履修する。 実地修練した者は、原則として認定試験を受けるものとする。取得後は更新できるよう、勤務地を考慮すること。

③がん専門薬剤師

がん専門薬剤師を目指す者は、日本医療薬学会が認定するがん専門薬剤師研修施設において、日本医療薬学会が定めたカリキュラムに従って、がん薬物療法に関する5年以上の研修を履修する。 実地修練した者は、原則として認定試験を受けるものとする。取得後は更新できるよう、勤務地を考慮すること。

④妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師

・妊婦・授乳婦専門薬剤師、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師をめざす者は、日本病院薬剤師会が認定する研修施設で研修を行うこと。 また、日本病院薬剤師会が認定する妊婦・授乳婦領域の講習会、および別に定める学会が主催する妊婦・授乳婦領域の講習会などを20時間以上履修する。 実地修練した者は、原則として認定試験を受けるものとする。取得後は更新できるよう、勤務地を考慮すること。

⑤精神科薬物療法認定薬剤師、精神科専門薬剤師

精神科薬物療法認定薬剤師、精神科専門薬剤師を目指す者は、こころの医療センター駒ヶ根にて、継続5年の実務研修を行う。 また、日本病院薬剤師会が認定する精神科領域の講習会、および別に定める学会が主催する精神科領域の講習会などを40時間以上履修する。 資格取得後は勤務地を原則的に、こころの医療センター駒ヶ根とし、更新すること。

⑥HIV感染症薬物療法認定薬剤師、HIV感染専門薬剤師

HIV感染専門薬剤師、HIV感染症薬物療法認定薬剤師を目指す者は、須坂病院にて、継続3年間の実務研修を行う。 また、日本病院薬剤師会が認定するHIV感染症領域の講習会、および別に定める学会が主催するHIV感染症領域の講習会などを10時間以上履修する。 資格取得後は勤務地を原則的に、須坂病院とし、更新すること。

⑦感染制御認定薬剤師・感染制御専門薬剤師

感染制御認定・専門薬剤師をめざす者は、希望によっては須坂病院にて研修を受けることができる。 基本的に帰属病院の院内感染対策委員会または院内感染対策チーム(ICT)にて継続3年以上従事する。 また、日本病院薬剤師会が認定する感染制御領域の講習会、および別に定める学会が主催する感染制御領域の講習会などを20時間以上履修する。 取得後も感染制御活動に従事できるよう配慮すること。

⑧小児薬物療法認定薬剤師

小児薬物療法認定薬剤師を目指す者は、e-ラーニング形式全40時間程度(原則1コマ60分)の研修を行い、登録された病院において1日(原則6時間)の小児関連実務研修を行う。 研修を受けた者は、原則として認定試験を受けるものとする。取得後は更新できるよう勤務地を考慮すること。

【StageⅢ】
StageⅡにおいて習得したスキル、取得した資格について更新に努めるとともに、後進の育成を行うStage。 後進の育成を通して、更なるスキルアップを目指す。

【StageⅣ】
引き続きStageⅡにおいて取得した資格について更新や後進の育成を通じてのスキルアップに努めるとともに、管理者として組織のリーダーを務めるstage。
次のような知識・技能を身につけることに努める。

管理栄養士研修ガイドライン

1.目的

患者及び入所者の栄養状態を改善・維持し、免疫力低下の防止や治療効果及びQOLの向上を図るために、「傷病者に対する栄養管理・栄養指導や栄養状態の評価・判定等の専門家」としての知識・技能を習得し、実践できる能力を育てる。
また、県立病院の使命である地域医療並びに高度・専門医療を担う管理栄養士としての自覚と資質を身につけ、保健・医療・福祉の連携のもと地域に根差した業務を遂行できる管理栄養士を育成する。

2.研修の種類及び対象者

研修の種類及び対象者は、以下の3種類(表1)とする。介護老人保健施設の管理栄養士もこれに準ずる。 また、経験年数に応じて、求められる能力も変化するため、研修体系を図式化すると図1のようになる。

<病院・介護老人保健施設管理栄養士研修の種類及び対象者等> (表1)

研修名 対象者 研修で習得すべき能力
卒後研修 前期・後期 新規1~2年の者 職業倫理感に裏付けられた実践能力
知識・技術
専門研修 県立病院勤務年数5~10年の者 職業倫理感に裏付けられた実践能力
知識・技術
指導・相談能力
調整能力
管理研修 医療技術部長
科長
科長補佐
職業倫理感に裏付けられた実践能力
知識・技術
指導・相談能力
調整能力
教育・研究

診療放射線技師ステップアップ研修プログラム

研修目標及び研修の特徴

放射線画像診断及び放射線治療分野における①地域医療及び専門医療を担うための広範な分野の知識・技術・経験をもつジェネラリスト②専門分野について深い知識やすぐれた技術をもつスペシャリストの育成を図る。

各県立病院の特徴を生かして、これらの役割を担う診療放射線技師を育成するための生涯教育として研修プログラムを実践する。

研修の名称 卒後研修前期
研修期間・時期 採用後5年間・通年
研修の内容 ・検査業務
一般撮影検査、消化管検査等放射線画像診断全般、X線CT検査、MRI検査、緊急検査技術の習得
・チーム医療、病院業務
医療安全・感染対策・医事業務・情報システム
必修・選択 必修
研修機関 原則として須坂・阿南・木曽病院
備考
到達目標: 日本診療放射線技師会認定資格を取得
または各種認定資格を取得する。
研修の名称 卒後研修後期
研修期間・時期 卒後研修前期終了後より5~10年間・通年
研修の内容 ・検査業務
一般撮影検査・消化管検査等放射線画像診断全般、X線CT検査の特殊検査(3D処理、血管造影検査等)、MRI検査の特殊検査(脳機能検査、心臓機能、MRS等)、血管造影検査、放射線治療の基礎の習得・核医学検査の基礎及び機能検査
・チーム医療、病院業務
院内各種委員会、院外関連団体役員等の経験
必修・選択 必須(一部選択)
研修機関 須坂病院、こころの医療センター駒ヶ根、阿南病院、木曽病院、こども病院
備考
到達目標: 日本診療放射線技師会認定資格(臨床指導認定診療放射線技師、放射線機器管理士、医療画像情報管理士、放射線管理士、総合放射線治療技能検定、総合核医学検査技能検定、MRI検査技能検定、X線CT検査技能検定、乳房検査技能検定、AI認定技師、肺がん検診認定技師、胃検診認定技師)、日本救急撮影技師認定機構認定資格(救急撮影技師)のいづれかを取得また各種認定資格を取得する。
研修の名称 専門研修前期(認定技師養成コース)
研修期間・時期 卒後研修終了後より・通年
研修の内容 ・診療放射線技師専門認定資格(第1種放射線取扱主任者、放射線治療専門技師、放射線治療品質管理士、MRI専門技術者、CT専門技術者、マンモグラフィ撮影技術者認定技師、超音波検査士、核医学専門技術者、医学物理士)の取得
必修・選択 選択
研修機関 須坂病院、こころの医療センター駒ヶ根、阿南病院、木曽病院、こども病院
備考
到達目標: 上記資格の取得
研修の名称 専門研修後期(認定技師養成の指導者養成コース)
研修期間・時期 専門研修前期終了後より・通年
研修の内容 資格取得を目指す技師の指導
必修・選択 選択
研修機関 須坂病院、こころの医療センター駒ヶ根、阿南病院、木曽病院、こども病院
備考 -
研修の名称 管理研修
研修期間・時期 おおむね専門研修終了後より・通年
研修の内容 マネジメント能力を養い、放射線技術科(医療技術部)の管理・運営ができ、病院に貢献できる職員の養成
必修・選択 必須
研修機関 須坂病院、こころの医療センター駒ヶ根、阿南病院、木曽病院、こども病院
備考 -
研修に関する留意事項

・各研修に対する評価は、到達目標としている資格取得の事象について着目するものでなく、個々に年度当初に設定する「到達目標」「習得方法」に対して、その進捗状況について評価を行うものとする。

臨床検査技師

研修目標及び研修の特徴

臨床検査分野における地域医療及び専門医療を担うための広範な分野の知識・技術・経験を持つジェネラリスト及び特定分野について深い知識や優れた技術を持つスペシャリストの育成を図る。
各県立病院の特徴を活かし、OJTによる新人研修から専門的な研修まで幅広く展開し、生涯教育として臨床検査技師のステップアップを図る。

※以下研修の種類ごとに記載

研修の名称 臨床検査技師卒後研修(前期)
研修期間・時期 採用後概ね2年間・通年
研修の内容 ・医療人・社会人としての基本姿勢、基本的な業務管理
・検査業務
検体採取・緊急検査・各部門(血液、凝固、臨床化学、免疫血清、一般、輸血、微生物、生理機能、病理、細胞診、内視鏡)の基本内容の習得と検査実施
・チーム医療、病院業務
医療安全・感染対策・医事業務・情報システムの概要の理解と委員会等への参加
必修・選択 必修
研修機関 木曽病院及び須坂病院
(機構内の他の県立病院での研修を含む)
備考
到達目標: 日本臨床検査同学院の「緊急臨床検査士」の取得
研修の名称 臨床検査技師卒後研修(後期)
研修期間・時期 前期研修終了後2~3年間・通年
研修の内容 ・検査業務
検査全般に係る機器・データ等の管理
各部門(前期と同様項目)検査の知識・技術の向上と応用
遺伝子検査の基本内容の習得と実施
・チーム医療・病院業務・技師会等
ICT,NST等チーム、各種委員会、技師会への参加と実務経験
必修・選択 必修
研修機関 木曽病院、須坂病院、阿南病院を中心に実施
備考
到達目標: 日本臨床検査技師会の生涯教育研修履修
日本臨床検査同学院の「2級臨床検査士」8分野のうち1分野以上の取得
研修の名称 臨床検査技師専門研修前期(認定技師養成コース)
研修期間・時期 卒後研修終了後から認定取得まで・通年
研修の内容 ・専門分野の習得
ガイドラインに示す認定技師の取得のための知識・技術の向上
学会発表・論文作成
必修・選択 必修
研修機関 木曽、須坂、こころの医療センター駒ヶ根、こども病院
(必要に応じて他の医療機関や研修機関)
備考
到達目標: ガイドラインに示す専門分野の認定技師の取得
(23分野のうちできるだけ2分野以上)
研修の名称 臨床検査技師専門研修後期(認定技師養成の指導者養成コース)
研修期間・時期 認定技師の取得以降・通年
研修の内容 ・後進への専門分野の技術・知識の指導・教育
日常的な検査指導の他、学会発表・論文作成・講演・座長・技師会研究班の活動等
必修・選択 必修
研修機関 木曽、須坂、こころの医療センター駒ヶ根、こども病院、阿南病院
(必要に応じて他の医療機関や研修機関)
備考
到達目標: 専門分野の技師の育成
研修の名称 臨床検査技師総合管理研修
研修期間・時期 専門研修中及び終了後、必要と認める期間
研修の内容 病院の業務管理、人事管理、危機管理
専門分野の業務管理、人材育成
必修・選択 選択
研修機関 木曽、須坂、こころの医療センター駒ヶ根、こども病院、阿南病院、他の医療機関、民間機関、研修機関
備考
到達目標: 日本臨床衛生検査技師会の認定管理検査技師取得後、総合監理検査技師の取得
研修に関する留意事項

各種認定においては、専門学会や認定機関などが設定しているものであり、今後の状況により変更が生じる可能性があるが、その場合は同等程度を目標とする。

臨床工学技士

研修目的
  • 1.病院及び臨床工学技士としての目標(理念)を理解し、医療を担う一員として自分の役割を見出す。
  • 2.学校での知識を生かせるよう、業務の実際から再学習し、知識を増やす。
  • 3.基本的知識・技能を習得し、定型的な業務の役割を担う。
研修計画
  • 1.項目別の研修予定計画に従い実践し、各レベルにおいてチックリストによって評価する。
    レベル1(説明・指導者の実施を見学)→レベル2(指導者と実施)→レベル3(単独で実施)
  • 2.研修者は毎週末に研修内容のレポートを作成し、担当指導者に提出する。
  • 3.指導者は研修修了後に報告書及びチックリストを責任者に提出し評価を受ける。
  • 4.次回予定の修正・確認を行う。
到達目標
  • 1.業務手順書に沿った実践が安全かつ確実に出来る。
  • 2.患者の状態や機器の状態を観察し、優先度を判断して必要と思われる事を速やかに報告できる。
  • 3.操作や保守に関する記録が出来る。
  • 4.患者急変時や機器の異常時に指示を受けながら対応できる。
  • 5.担当業務について速やかに適切な報告・相談・連絡が出来る。
  • 6.日常業務の中で、不足な知識・技術を自主的の学習できる。
  • 7.チームメンバーとしての役割を理解し、チームの一員として行動できる。
  • 8.他部署との連携・調整等がスムーズに出来る。
ME機器管理 研修計画
第1週 ・ME室で中央管理している医療機器の内容を把握でき、管理医療機器各種の使用目的が理解できる。
・管理医療機器の取扱説明書並びに、関連誌(Clinical Engnering等)基に、医療機器の操作に必要な知識を自主的に学習できる。
・ME機器管理業務の概要が理解できる。
第2週 ・指導を受けながら管理医療機器の操作(輸液・シリンジポンプ、等簡単なもの)が行える。
・指導を受けながら管理医療機器の終業点検が行える(人工呼吸器を除く)。
・病棟スタッフに対して管理医療機器の貸し出し・返却対応が行える。
・院内ラウンドを通じ、院内にある医療機器の配置状況を把握できる。
第3週以降 ・管理医療機器の終業点検を一人で行える(人工呼吸器を除く)。
・業務報告・連絡・相談が速やかに行える。
・指導を受けながら人工呼吸器の操作が行える
・管理医療機器のトラブル発生時に支援を受けながらトラブルの対応が行える 等
血液浄化療法 研修計画
第1週 ・透析の概要を理解し事務的業務が行える。
・透析治療に必要な知識を自主的に学習できる。
・各患者のAVFを観察し血管の走行を確認する。
・装置、使用物品の名称・配置を覚える。
・報告・連絡・相談が確実に行える。
第2週 ・装置使用方法を理解し、プライミングが行える。
・透析液原液作成に関する各装置の役割が理解できる。
・透析液原液作成が行える。
・透析機械室のその他業務が確実に行える。
第3週以降 ・機器の操作が安全で確実に行える。
・穿刺・介助・回収を行うことが出来る。
・透析中の輸血・補液管理が行える。
・透析システムに指示を反映させることが出来る。
高気圧酸素療法 研修計画
第1週 ・高気圧酸素室の概要を理解し事務的業務が行える。
・高気圧酸素治療入門を基に治療に必要な知識を自主的に学習できる。
・指導を受けながら、対象患者の情報収集及び、報告が出来る。
第2週 ・電子カルテの操作、入力業務を覚える。
・高気圧酸素療法に関する安全基準を理解しながら、業務の補助が出来る。
第3週以降 ・機器の操作が安全で確実に操作が出来る。
・患者及び担当看護師に対し、高気圧酸素療法の原理、ボディチェックの必要性を説明できる。
・異常時に支援を受けて操作、行動が出来る。
・業務報告・連絡が速やかに出来る。

リハビリテーション技師研修プログラム

研修目標及び研修の特徴

医療従事者として適切な対応ができ、地域医療、専門医療において質の高い、安全なリハビリテーションを提供し続けることができるように人材を確保し育成する。
各県立病院の特徴を活かした卒後教育でそれぞれの領域を経験でき、更に専門分野の知識・技術の向上を目指す。

※以下研修の種類ごとに記載

研修の名称 リハビリテーション技師卒後研修(前期)
研修期間・時期 採用後概ね4年間・通年
研修の内容 ・リハビリテーション業務
基礎的な検査法、評価法、治療プログラムの立案・実施
総合病院、老健、訪問、小児、精神など複数領域の病院業務を経験する
・チーム医療、病院業務
医療安全・感染対策・医事業務・情報システム
必修・選択 必修
研修機関 総合病院:木曽、阿南、須坂
老健、訪問:木曽、阿南
小児:こども
精神:こころの医療センター駒ヶ根
備考
到達目標: 卒後研修チェックリストでの自己・他者評価
各療法士協会の新人教育研修の履修
研修の名称 リハビリテーション技師卒後研修(後期)
研修期間・時期 卒後研修前期終了後概ね2年間・通年
研修の内容 初めに希望した領域の病院で、専門とする知識・技術を修得する
・専門領域の検査法、評価法、治療プログラムの立案・実施
・統計学、研究法
必修・選択 必修
研修機関 須坂病院、こころの医療センター駒ヶ根、阿南病院、木曽病院、こども病院
備考
到達目標: 卒後研修チェックリストでの自己・他者評価
各療法士協会の新人教育研修の履修
一人で評価・治療ができる
研修の名称 リハビリテーション技師専門研修(前期)
研修期間・時期 卒後研修終了後概ね10年間
研修の内容 ・各療法士協会の認定資格取得研修への参加
・別紙研修リストから5年間で5ポイント以上取得
・教育法研修
必修・選択 必修
研修機関 須坂病院、こころの医療センター駒ヶ根、阿南病院、木曽病院、こども病院
備考
到達目標: 各療法士協会の認定取得
新人教育ができる
研修の名称 リハビリテーション技師専門研修(後期)
研修期間・時期 専門研修前期終了後概ね10年間・通年
研修の内容 ・認定資格取得
 各療法士協会の認定資格取得研修への参加
・別紙研修リストから5年間で5ポイント以上取得
必修・選択 必修
研修機関 須坂病院、こころの医療センター駒ヶ根、阿南病院、木曽病院、こども病院
備考
到達目標: 各療法士協会の認定維持
各職種のリーダーとして部門をまとめる
研修の名称 リハビリテーション技師管理研修
研修期間・時期 専門研修終了後~・通年
研修の内容 ・チーム医療やリハビリテーション科・病院の管理・運営
・機構外の専門病院への派遣研修
必修・選択 必修
研修機関 須坂病院、こころの医療センター駒ヶ根、阿南病院、木曽病院、こども病院
機構病院以外の専門病院:未定
備考
到達目標: 各療法士協会の認定維持
リハビリテーション科の業務管理
研修の名称 作業療法士:専門研修(認定作業療法士)
研修期間・時期 経験年数5年以上・通年
研修の内容 日本作業療法士協会主催の「生涯教育基礎研修」と「認定作業療法士取得研修」の受講
必修・選択 必修
研修機関 日本作業療法士協会
備考  
研修の名称 言語聴覚士:専門研修(認定言語聴覚士)
研修期間・時期 経験年数5年以上・通年
研修の内容 日本言語聴覚士協会主催の「認定言語聴覚士講習会」と「生涯学習システム専門プログラム」の受講、修了試験での合格
必修・選択 必修
研修機関 日本言語聴覚士協会
備考