研修センターについて

センター長あいさつ

研修センター長 齊藤博

平成28年4月からセンター長を担当しています。研修センターは、「全職員の知識・技術レベルの向上や、地域医療水準の向上に寄与すること」等を目標に掲げ、その実現のため毎年、様々な研修・セミナーを企画、運営しております。

具体的には、新規採用者から管理者に至る全ての職員が参加可能な課程別研修や選択研修を企画実践しています。また、研修内容は毎年振り返り修正を加えています。

シミュレーション研修は当センターが発足当時から重点的に取り組んでいる研修です。研修医や医学生の実習のみならず、医療安全、救急講習にも取り入れています。また、今年度もハワイ大学シミュレーションセンター“Sim Tiki”での短期研修を企画しています。

 今年度は県立須坂病院の病院名変更を記念し、県内はもちろん県外の医療・教育関係者、更にはハワイ大学のベンジャミン・バーグ先生やジャネット・リー先生の協力を得て、「シミュレーション教育セミナー」を計画し、県内の医療機関等に広く参加を呼び掛けています。センターが目標とする「医療水準の向上」のために、シミュレーショントレーニングには実践に即した研修を通し、技術を身体で覚えてもらうものも大事でありますが、その後の振り返りの中で「しっかり考える」ことも学んでもらいます。「しっかり考える経験」が医療の現場で大きな力を発揮すると言われます。これからも明日の仕事に役立ち、未来の躍進につながる研修を計画していきたいと思います。

また、本センター内には『長野県信州医師確保総合支援センター、長野県立病院機構分室』が置かれています。地域医療に志しのある多くの医師が集い、実践的なシミュレーションや臨床研修を通し、各地域への医師派遣の一助となれば幸いです。今後とも関係される皆さんのご協力とご指導をよろしくお願いいたします。

スタッフ紹介

   センター長 齊藤 博(信州医療センター名誉院長)

   副センター長 赤嶺 陽子(医師・CHSE※)
   ※CHSE…Certified Healthcare Simulation Educator

   副センター長 下嵜かえで(薬剤師)

(兼)副センター長 坂口 幸治(信州医療センター医師)

(兼)看護師長 佐藤 千鶴(信州医療センター)

   副看護師長 芳賀 了

   看護師 宮沢 美雪

   事務長 阿部 武信

   育成係長 岩下 ちひろ