スタッフブログ

研修に行き感じたこと

 毎日暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
久しぶりの更新となってしまいました。
昨日は、名古屋大学の山内先生の「看護基礎教育におけるフィジカルアセスメントの教授方法と授業設計」の研修に参加し勉強してきました。
臨床の現場でも「フィジカルアセスメント」は実施していますが、どのように研修を実施していけば良いのか、看護基礎教育におけるフィジカルアセスメントはどのように実施しているのかを学びたく、暑い暑い東京へ行ってきました。
講師の先生も言っておりましたが、看護基礎教育をされている先生方はいろいろな制約の中で苦労しながら、カリキュラムを作成し教育をしているんだと実感すると同時に、臨床と教育の場にいる看護職が現状を語り合い、それぞれの現場で抱えている課題を一緒に解決していけるような機会も必要ではないかと感じました。
研修に行くことで、知識だけではなく情報も得られるのでこれからも自己研鑚に努めていきたいです。