教育

  • 2015年02月18日

教育

 

充実した教育環境のなか、誰もが着実にキャリアアップできます。

長野県立病院では、入職した誰もが、スムーズに、一歩ずつ着実に「目指す看護師」へと成長できるよう、充実した教育プログラムを整えています。

 

集合研修と現場教育を2本柱に、誰もがスムーズに成長していくことのできる教育を行っています。

 

Education(卒業教育)

 

チームの支援を受けながら、スタッフナースとしての自立を目指します。

集合研修と現場教育を2本柱に、誰もがスムーズに成長していくことのできる教育を行っています。

 

 

 

安心のプリセプターシップ

4月から翌年3月までの1年間、プリセプティー(新人)は、プリセプター(先輩看護師)と1対1でペアを組み、現場指導を受けるプリセプターシップを実施 して、不安や心配事が話せる雰囲気作りをしています。看護技術については、プリセプターが計画を立て、新人の到達度を見ながら指導していきます。固定チー ム制なので、看護実践の現場ではチームメンバーも関わり、職場全体で、後輩育成に取り組んでいます。

 

Career step(キャリア開発支援)

 

一人ひとりのキャリアデザインに合わせて、継続的に学べる環境を整えています。

自分の目指したい看護師像に向って着実に歩んでいくための、多彩な支援制度がそろっています。

 

キャリアステップ支援制度

<大学進学支援>

県立病院で活かせる知識・技術を習得するため、病院で働きながら大学に進学できます。

<スキルアップ支援>

● 専門看護師・認定看護師への支援 看護水準の向上を図るために専門看護師・認定看護師の資格取得を奨励するとともに、そのための専門研修を支援します。

● 学会参加支援、院外研修支援制度 看護学会、他各種専門学会への参加ができます。

● 院内研修支援 クリニカルラダーに沿って研修を受けられます。

 

 

研修センターを設置しました。

当センターは、長野県立病院機構に所属する職員のキャリア開発の支援をするために設けられた、新しい機関です。新人はもちろん、キャリアアップを目指すスタッフのために様々な研修を企画しています。人材育成は個々の職員を基本としますが、長野県立病院機構が必要とする人材の育成にも努めます。

 

それぞれの病院の特色をより生かすために、今後どのような人材を育成する必要があるかを見極め、将来を見据えた研修の企画・運営を看護職だけでなく医療チームとして行えるように考えています。 長野県は“小さく生まれた赤ちゃん”や“山村に暮らす高齢者”の皆さんへ、信頼と安心を笑顔で届ける医療者の集まりです。看護職の皆さん、「研修センター」のある長野県立病院で一緒に働き、“やりがい”“生きがい”を見つけましょう。

ページの先頭に戻る